腕時計は一括キャッシュ?カード?

買う時の悩み、どんなの買ったらいいの?など一緒に考えましょう♪

偽物は人から貰った場合が多い

お金で騙される人、騙されない人 [ 副島隆彦 ]

お金で騙される人、騙されない人 [ 副島隆彦 ]

評価: 4.29

レビュー: 14件のレビューがあります。

幻冬舎新書 副島隆彦 幻冬舎発行年月:2010年04月 ページ数:199p サイズ:新書 ISBN:9784344981614 副島隆彦(ソエジマタカヒコ)1953年福岡市生まれ。評論家。副島国家戦略研究所主宰。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師・常葉学園大学教授等を歴任。「帝国ー属国論」とアメリカ政治研究を柱に、日本がとるべき自立の国家戦略を提起。政治思想、金融・経済、歴史、社会時事評論等、あらゆる分野で精力的に執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 あなたのお金は銀行、証券、生保に狙われている(知られざる“金融大損”の実態/社会的信用の高い企業が詐欺師集団だった ほか)/第2章 金融業界は鬼の巣窟(“投資信託はトレンディ”と庶民は騙された/投資商品の「本当の価値」は実際売るまでわからないもの ほか)/第3章 「騙されない」と思う人ほど騙される(みんなからお金を預かって大損させたトレーダーの話/トレーダーはなぜ罪に問われたか ほか)/第4章 グローバルに仕組まれた金融商品の罠(外貨預金の落とし穴/含み損を抱え、途方に暮れる人々 ほか)/第5章 大事な資産を守り抜くために(お金の話をすることに慣れなさい/それでも世の中はお金を中心に回る ほか) ウソの儲け話に載せられてなけなしの貯金をはたき、株や投資信託、FX、保険商品等を買って大損した人々が日本中にいる。だがその実態はほとんど表に出ない。危ない商品を今も売り続ける銀行、証券、生保が、テレビ・新聞の大事な広告主だからだ。“信頼”の仮面をかぶった“金融の鬼たち”に大切な資産を騙し取られないためにはどうすればよいのか。世界マネーのカリスマが、12の事例をもとに、世に仕組まれたお金のカラクリを暴く。賢く生き抜くための人生の指南書。 本 その他

Copyright(C)2015 腕時計は一括キャッシュ?カード? All Rights Reserved.
商品購入の際に必要となる「個人情報」や「カード情報」等については暗号化により保護されており、安心してお買い物を楽しんで頂けます。